最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムイントラレーシック、プレミアムZレーシック、カスタムレーシック …

ウェーブスキャン

近年、「レーシック」の術式には、さまざまな種類や名称が使用されており少々複雑になっています。
そして、これらの手術を受けようと考えている人は、それぞれの術式の違いや特徴を知っておくことが非常に重要になってきます。

フラップ作成

これらの複雑に思える「レーシック」の術式は、まず、エキシマレーザーを照射する前に作成するフラップ(角膜に作る薄いフタ)の有無で大きく2つに分類されます。

また、フラップを作成する場合には、手動で操作するマイクロケラトームを使用する従来の「ケラトームレーシック」と、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」に分けることができます。

さらには、この「イントラレーシック」患者それぞれの個人の眼に最適な「見え方の質」を提供するウェーブフロント技術を導入した「ウェーブフロント・イントラレーシック」や使用機種を限定した「アイレーシック」があります。

高次元アイトラッキングシステム

最近では角膜組織へのダメージを極力抑えた最新型のFSレーザーである「FEMTO LDV」を用いた「Zレーシック」照射ズレを防ぐ高次元アイトラッキングシステムを導入した「アマリス」「Tecnolas217P」などの最新型エキシマレーザーなどが開発・提供されています。
さらには「Intralase iFS」も登場し、その安全性と視力回復効果が飛躍的に向上し、非常に優れた近視治療法となっています。

安全性と視力回復が飛躍的に向上したZレーシック、アイレーシック!

最新のZレーシックやアイレーシック、イントラレーシックは、従来の「レーシック」に比べ、その安全性と視力回復の効果が飛躍的に向上しています。
しかも、当初行われていたケラトームレーシックの手術料金よりも安くて高品質な視力回復が望めるのです。
従来からの超小型金属刃であるマイクロケラトームを使用した「ケラトームレーシック」はもう古くなり、しばしばフラップ作成時のトラブルや感染症の問題をかかえていたため、現在では高性能コンピューターで制御されたFSレーザーを利用した正確で安全なフラップを作成可能とするイントラレーシックが基本となっています。
事実、イントラレーシックを中心とした手術ではトラブルや感染症は皆無になっています。(現在ではマイクロケラトームの刃も使い捨てになっています。)
そして、最近では個人の眼が持っている「高次収差」をも補正可能とするウェーブフロント技術の導入によりオーダーメイド的なウェーブフロント・イントラレーシックが主流となっています。
また、同じ視力でも「見え方の質」に大きな影響を与えてしまうフラップ作成時に重要な役割を果たしているFSレーザーの研究開発も進み、フラップ面をより滑らかに薄く均一にし、しかも角膜組織へのダメージをより少なくする新しい「FSレーザー」が誕生しています。
それが現時点で活躍している「FEMTO LDV」「Intralase iFS」です。
     LDVとIntralaseiFS
これらの「FSレーザー」や「エキシマレーザー」の機種の違いにより「Zレーシック」や「アイレーシック」「カスタムイントラレーシック」などの名称が付いています。
3kiki.gif
現在では高性能の「FSレーザー」なくしては、安全で高品質の視力回復は望めないと言っても過言ではないでしょう。
本来の「レーシック」の目的であった単なる裸眼視力の回復レベルを超えてしまい、現状では患者のライフスタイルや目の状態に最も適した視力を回復することが目標となっています。
ですから、今からレーシックを受けようと思っている人は、過去における従来のケラトームレーシックに比べてはるかに安全で、しかも高品質な裸眼視力を得ることができます。
ただし、注意点もあります。
一つは、見え過ぎによる「過矯正」で、もう一つは「ハロー」や「グレア」などの後遺症・合併症の問題です。
軽度〜中等度の近視で角膜の厚さに十分余裕があり暗所瞳孔径が小さい人は「過矯正」に注意する必要があり、強度近視で角膜が薄く、暗所瞳孔径の大きな人は加えて「ハロー」や「グレア」などの後遺症・合併症に注意が必要です。
しかし、上記2つのリスクは避けることができます。
それには、必ず「適応検査」を受けて自分の眼の状態をしっかり把握し、裸眼による「視力回復の限界」を理解することと、自分の希望する「ライフスタイルに適した視力」を担当眼科医と充分に納得ゆくまで相談することが非常に重要となってきます。
相談にしっかり応じてくれる「眼科クリニック」は、「錦糸眼科」「神戸神奈川アイクリニック」がおすすめです。
まずは、信頼性の高い「最新の高性能測定機器を揃えている有名眼科などの適応検査」を受け、しっかり担当医と「自分の希望する裸眼視力」について相談することから始めましょう!

第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日