最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシックの違い

Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシックの違いを確かめよう!

Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシックの違いを確かめよう!


手術を受ける前に、Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシックなどの違いや特徴を理解しておく必要があります!
Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、イントラウェブフロントレーシック、カスタムレーシック、ウェブフロントレーシック、レーシック、PRK、エピレーシック…etc
レーシックには様々な種類と名称があります。
・いったいこれらの手術は、どこがどのように違うのでしょうか?
・実際に受けるなら、どの「レーシック」手術が良いのでしょうか?
・一番安全で信頼性のある手術はどれなのでしょうか?
非常に迷ってしまいます。
このサイトをご覧のみなさんは、たぶん近視で困っており、できればメガネやコンタクトレンズを必要としない裸眼視力が回復するレーシック手術を受けたいと考えていると思います。しかも、できれば最新式のZレーシック、アイレーシック、もしくは現時点で最も手術症例数が多く、ウェーブフロント技術を取り入れた非常に安定しているイントラレーシックで裸眼視力を回復したいと願っているのではないでしょうか?
しかし、最新のZレーシックやアイレーシックといったいどこがどのように違うのか混乱しているものと思います。これらの違いをはっきりとさせてから、自分の受けるべき最適なレーシック手術を選びたいと考えるのは当然のことです。
そこで、このサイトでは最近話題の最新Zレーシックやアイレーシックをはじめ、イントラレーシックやカスタムレーシックなど様々な呼び方のあるレーシック手術とその特徴を簡単に、しかも分かりやすく解説しようと思います。(下の図は古くなってしまいましたが、基本的には同じです)
ここをクリックすると拡大します。 ■最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシックの正しい理解■
                    ↑  ↑  ↑
上記の図をご覧ください。(図をクリックすると拡大します)
「レーシック」は原則的にはエキシマレーザーを角膜に照射して近視を治すのですが、そのエキシマレーザーを照射する前にフラップ(角膜の薄いフタ)を作成するのか、しないのかで大きく2つに分かれます。
また、そのフラップ作成時に使用する機器、つまりマイクロケラトーム(超小型の金属刃)もしくはフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)によってその手術方式の名称が異なります。
さらには、ウェーブフロント技術を用いたオーダーメイド的なレーザー照射をするのかしないのかで呼び方が異なります(ウェーブフロント照射にも正確には2種類あります)
また、角膜を削り取る際に使用するエキシマレーザーの機種によっても、その手術の呼び方が異なっています。これは機器の開発会社やクリニックなどの企業戦略で、他社、他クリニックとの差別化を図ろうとしたものです。
同じ術式でも使用機種によって、レーシック手術の名称が異なるので注意が必要です。
最新のZレーシックやアイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシックなどを受ける際には、あとで後悔しないためにも高次収差を補正可能とする2つのウェーブフロントについても必ず理解しておくべきです。
■ 現時点では、角膜組織へのダメージを抑えた最新型のIntralase iFSを導入し、他では見られない眼球の微細な回転運動まで追尾する6次元アイトラッキングシステム搭載のエキシマレーザーを使用しており、最も安定した高品質ウェーブフロントイントラレーシックを行っています。また、口コミでもスタッフおよび執刀眼科医の評判が高く、ハローやグレア、不正乱視の原因であるエキシマレーザーの照射ズレを完全に無くすために眼球を物理的に固定しているのは錦糸眼科だけです。 【公式サイト】→<<錦糸眼科>>
■ また、最新アマリスZレーシック、Zレーシック、アイレーシック、安定したウェーブフロントイントラレーシックのすべてを行っている施設は、最も手術症例数が多く人気No.1の品川近視クリニックだけです。 【公式サイト】→<<品川近視クリニック>>
■最後に、軽度〜中等度の近視で高次収差をしっかり補正したい方は、高性能で機種の相性が最も良いアイレーシックが最適と考えます。しかも、安心を求めるなら生涯保証が付いて芸能人やスポーツ選手に一番人気のある神戸クリニックが信頼できそうです。
【公式サイト】→<<神戸神奈川アイクリニック>>

第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日