最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

最新レーシック技術を理解する一覧

 「レーシック」の進化と現状
「レーシック」の目的は、近視の角膜にエキシマレーザーを照射してその屈折力を調整し、メガネやコンタクトレンズを必要としない裸眼視力を回復させることです。 最初の頃は直接エキシマレーザーを角膜に照射するPRKでしたが、視力回復が遅く術後の痛みや...
 この記事の詳細を見る...
 アイレーシックまでの技術発展
<従来レーシックから最新最新Zレーシック、アイレーシックまでの進化> 角膜にレーザーを照射して屈折力を矯正するレーシックは、毎年のように目を見張るような進化を遂げています。また、その普及率も世界的に大きく広がっています。 このレーシックの発...
 この記事の詳細を見る...
 SFレーザー技術の理解
<フェムトセカンドレーザー(Femtosecond Laser:FSレーザー)とは?> 従来のレーシックでは角膜にマイクロケラトームという超小型の金属刃でフラップ(角膜に作る薄いフタ)を作成していましたが、しばしばトラブルが発生するため、コ...
 この記事の詳細を見る...
 エキシマレーザー技術の理解
エキシマレーザー(Excimer Laser)は、熱を発生させずに角膜の組織を除去し、形状を変えることができます。 このエキシマレーザー(Excimer Laser)を角膜に照射して屈折率を調整し、近視や乱視、遠視などの屈折異常を矯正してい...
 この記事の詳細を見る...
 低次収差と高次収差の理解
<収差、低次収差、高次収差とは?> 光には様々な波長を持った光線が存在しています。 これらの光線がレンズを通過して一点(焦点)に集まり像として認識できます。 しかし、光線がレンズを通過する祭にレンズ表面に凹凸があったり厚さに違いがあった場合...
 この記事の詳細を見る...
 低次・高次収差の測定方法
■ 低次・高次収差の測定方法 ■ 現在、Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシックでウェーブフロント照射やトポリンク 照射を行う際の「低次・高次収差」測定方法には大きく2種類あります。 ・角膜形状測定器(角膜に関する情報を測定する装置...
 この記事の詳細を見る...
 ウェーブフロントとトポリンク
高次収差を測定する方法には2種類あります。 <高次収差の測定方法> ・トポグラフィー測定器   : 角膜形状から、角膜のゆがみを計算 ・ウェーブフロント測定機  : 目全体のゆがみを計算 <角膜トポグラファーと波面センサー> ・トポグラフィ...
 この記事の詳細を見る...
 ウェーブフロント技術の理解
【ウェーブフロントアナライザー・ウエーブスキャン】 ウェーブフロントアナライザー・ウエーブスキャンは、光の持つ性質である光源からでた光がすべての方向に波のように広がって行く光の面(ウェーブフロント)を利用します。 光を瞳孔から網膜に当てて反...
 この記事の詳細を見る...
 2つのウェーブフロント照射
ウェーブフロントレーシックを理解するには以下の2つの方法を理解する必要があります。 ■ ウェーブフロントガイディッドレーシック(Wavefront-guided Lasik)   この方法は、まさしくその人の眼だけにオーダーメイドされたレー...
 この記事の詳細を見る...
 アイトラッキングシステム技術
アイトラッキングシステム(Eye Tracking System)とは アイトラッキングシステムとは、角膜上皮層にFSレーザーでフラップを作成した後、角膜実質層にエキシマレーザーを照射する際に、緊張のために眼球が微細に動いても、その動きに合...
 この記事の詳細を見る...
 フラップ作成の違いを理解
レーシック手術におけるフラップ作成は、当初は「視力回復や痛みの軽減」に大きな影響を与えるため、非常に重要なポイントとなっていましたが、最近では前述のポイントはもちろんのこと「安全性と見え方の質」に焦点が移行しているため、フラップ作成の技術面...
 この記事の詳細を見る...
 「見え方の質」について
「見え方の質」“Quality of Vision” 近年のレーシック分野における医療用レーザーの研究開発には目覚しいものがあります。毎年のように新技術が開発され最新機種に投入されています。 研究開発された先端技術導入の最新レーザーの性能は...
 この記事の詳細を見る...

第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日