最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

最新レーシック技術を理解する

「レーシック」の進化と現状

「レーシック」の目的は、近視の角膜にエキシマレーザーを照射してその屈折力を調整し、メガネやコンタクトレンズを必要としない裸眼視力を回復させることです。


最初の頃は直接エキシマレーザーを角膜に照射するPRKでしたが、視力回復が遅く術後の痛みや角膜混濁が起こることがあったため、あまり普及しませんでした。


そこで、マイクロケラトーム(超小型のカンナのような金属刃)を用いて角膜表面にフラップ(潜水艦のハッチのようなフタ)を作成し、エキシマレーザーを照射した方法が手術前後の痛みがないこと、手術後の視力回復効果が早いこと、角膜混濁も起こらないことなどの利点が多く、ケラトームレーシックが世界的に普及しました。


しかしながら、マイクロケラトームでのフラップ作成時には金属刃が左右に高速振動しながら角膜面を切って進むため、フラップの厚さが不安定になり、フラップ切開面もやや精密さに欠けてしまうため、夜間では光源の周囲がかすんで見えるハロー現象が起こりやすくややクリアさに欠けることが分かりました。


さらにはマイクロケラトームは手動で操作を行うため熟練を要し、経験不足の執刀医ではしばしばフラップ作成時にトラブルが発生しました。


そのため、これらのマイクロケラトームによる欠点を克服するためにフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)を用いてフラップを作成するイントラレーシックが開発されました。


このFSレーザーは1000兆分の1秒のレーザー光で角膜に熱変性を与えることなく切除できるレーザーで、高性能コンピューターで制御されます。


ですからマイクロケラトームよりも安全に正確で滑らかなフラップを作成することが可能となり、視力回復速度、安全性、正確性が向上し、さらにはハローやグレアなどの合併症も少なくなりました。


上記のような理由によりイントラレーシックは従来のケラトームレーシックをはるかに上回る大人気となりました。


そして、イントラレーシックの素晴らしい実績により「レーシック」の当初の目標であった裸眼視力による回復はほぼ達成されたのです。


しかし、同じ視力でもその見え方のクリアさ、つまり「見え方の質」に関心が集まり、個人の持つ角膜の高次収差を補正可能なウェーブフロント技術に注目が集まりました。


このウェーブフロント技術を応用したエキシマレーザー照射には大きく2種類の方法があり、個人の持つ角膜の状態に応じて直接的に補正照射するウェーブフロントガイディッド照射、同じタイプの補正をパターン化した照射を行うウェーブフロントオプティマイズド照射があります。


アイレーシックではウェーブフロントガイディッド照射を行うのですが、AMO社製のIntralaseFS60, WaveScan, VISX S4 IR の3機種を用いて手術を行った場合に限ってアイレーシックの商標名称を使用します。


イントラレーシックやアイレーシックでのフラップ作成には高性能で実績のあるIntralaseFS60を使用していますが、求めている「見え方の質」のレベルが高くなったため、わずかな欠点であったレーザー照射時の角膜組織へのダメージを軽減するために、低エネルギーFSレーザーであるFEMTO LDVが開発されました。


このFEMTO LDVを使用したレーシックをZレーシックと呼んでいます。


(最近ではIntralaseFS60も改良が加えられ低エネルギーのIntralase iFSが開発され角膜へのダメージが抑えられています。)


このZレーシックに、視力回復効果、正確性、安全性、そして「自然な見え方の質」を追求した5次元アイトラッキングシステム搭載の最新型高性能エキシマレーザーであるアマリスを使用した場合には、アマリスZレーシックと呼び、現時点では最新型最高級の裸眼視力回復効果が期待されており大注目を集めています。


最後に、最も気になる「レーシック」手術の費用ですが、手術を提供する眼科クリニックのコンセプトにより大きく2つの方向に枝分かれしています。


一つは出来るだけ安価でしかも可能な限り安全性と見え方の質を向上させようとする方向と、もう一つは費用に関係なく安全性と見え方の質を優先的に重要視する方向です。


前者には、品川近視クリニック、神奈川クリニック眼科など。
後者には、錦糸眼科、神戸クリニックなどが該当します。


第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日