最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

最新レーシック技術を理解する

ウェーブフロントとトポリンク

高次収差を測定する方法には2種類あります。


<高次収差の測定方法>


・トポグラフィー測定器   : 角膜形状から、角膜のゆがみを計算
・ウェーブフロント測定機  : 目全体のゆがみを計算


<角膜トポグラファーと波面センサー>


・トポグラフィー測定器:角膜形状解析装置(トポグラフィー)


 ・トポグラフィー


角膜形状解析装置(トポグラフィー)とは、角膜全体の湾曲や形状、表面の不規則性や微妙な歪みなどを精密に測定する装置です。

角膜の表面全体に低出力のレーザー光や赤外線を照射し、角膜の形状を計測しその像をデジタル的に取得しコンピューターで処理してその詳細を解析します。

角膜トポグラフィーシステムとも呼ばれています。乱視、不正乱視を明確にします。
つまり、角膜の屈折率が瞬時にグラフ化されて表面の微妙な歪みなどの形状が精密に再現されます。

コンタクトレンズの作成時や、レーシックなどの適応検査などで使用されており、円錐角膜や角膜乱視を早期に発見することもあります。


・ウェーブフロント測定機


   ウェーブフロント測定機


 1) ウェーブスキャン(WaveScan)

   ウェーブスキャンとは、ウェーブフロントアナライザーと同様、光の持つウェーブフロントの
   性質を利用して眼球の持つ微細な凹凸の眼光学系の波面収差を測定する装置(波面セ
   ンサー)の1つでAMO社の製品名です。 アイレーシックZレーシック・プラスに使用。


 2) ウェーブフロントアナライザー(Wavefront Analyzer)

   眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術
   によって眼光学的に解析します。 ドイツのWaveLight社製です。
   これにより、近視や乱視よりも次元の高い「収差」を検出することが可能になりました。
   ウェーブフロントイントラレーシックZレーシックに使用。


<トポリンク(Topo-link)レーシックとウェーブフロント(Wavefront)レーシック>


カスタムレーシックにはトポリンクレーシックとウェーブフロントレーシックの2種類があり、トポリンクレーシックは角膜の表面の歪みを計算してエキシマレーザーで補正します。また、ウェーブフロントレーシックは眼球全体の歪みを計算してエキシマレーザーで補正します。


・トポリンクレーシック:

角膜形状から角膜の歪みを計算してレーザーを照射。
(歪みのほとんどが角膜に由来する場合はトポリンクレーシックを行います。)

・ウェーブフロントレーシック:

眼全体の歪みを計算してレーザーを照射。
(手術前の収差が大きい、暗所での瞳孔径が大きいという人にウェーブフロントレーシックを行います。)


*角膜形状の非対称性が大きい、角膜の不正が大きいという人は、トポリンクレーシック手術で治る可能性が高いとされています。


■トポリンクレーシック (Topo-link LASIK)とは?


トポリンクレーシックとは、ウェーブフロントレーシック同様、収差の増加を防いだり、既に存在する収差を取り除く事を目的としたカスタム照射法です。

また、カスタムレーシックの中でもトポリンクレーシックは、角膜の形状を矯正することが目的としております。

<矯正方法>

トポリンクレーシックはウェーブフロントレーシックが眼全体の収差を打ち消すように照射を行なうのに対し、角膜だけの収差を無くすように照射します。

ウェーブフロントレーシックは角膜以外(主として水晶体)に含まれる収差も角膜で矯正するので、場合によっては角膜が本来の形状(歪みの無い、滑らかな曲率の連続面)とかけ離れた形になることが考えられます。

しかし、トポリンクはあくまでも角膜の収差を取り去ることを目的としており、これは言い方を変えれば、角膜形状を本来の形状にする事が目的であると解釈できます。

したがってトポリンク照射を行うためには、角膜の形状データを計測することから始まります。

<計測方法>

国内で多くのクリニックに採用されているニデック社のシステムを例にすると、まず角膜の計測に角膜形状解析装置”OPDSCAN” を用います。

OPD-Scanで測定した角膜形状データをもとに、FinalFit(ファイナルフィット)というソフトで手術後の角膜形状をシミュレーションし、レーザーを照射します。


<トポリンクレーシックが適している人>

・角膜形状の非対称性が大きい人
・角膜の不正が大きい人

<メリット>

角膜表面の収差を補正するだけで、ウェーブフロントレーシック同様の効果が得られます。

<デメリット>

レーザーで削る角膜実質の量が多くなる場合があります。


■ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)とは?


ウェーブフロントレーシックは従来のレーシックによる眼球の屈折状態では捉えられない個体差を、「波面収差 (光の屈折のズレ) 」を用いて解析し、加変的なレーザー照射を行い、収差を限りなく除く機能を備えています。
そのため、個々の眼に合わせてレーザー照射をカスタマイズできるので、従来のレーシックよりも優れた技術と言えます。


<ウェーブフロントレーシックには厳密には2通りの照射方法があります。>

その人の眼にだけにオーダーメイドされたウェーブフロントガイディッドレーシックと多数の人の眼のパターン化された照射を行うウェーブフロントオプティマイズドレーシックがあります。

 → 2つのウェーブフロントレーシックの違い


<矯正方法>

「近視」+「乱視」+「収差」(眼球全体を一つの光学系とみた場合のゆがみ)を検知して削っていく方法です。つまり、角膜全体のカーブだけでなく、表面の凹凸も矯正するレーザー照射を行う方法です。

<検査方法>

矯正後に眼に入ってきた光は焦点の一点へ収束されているようですが、実際には多少のズレが生じています。これは眼球や角膜の歪みで起こります。

ウェーブフロントレーシックでは収差を含めた個々の眼球形状を精密に捉える検査が必要で、「波面収差解析装置」によって行われます。

極めて精密なデータが必要で、この検査だけで1時間ぐらいを要する場合もあります。

この「波面収差解析装置」によって得られたデータを吟味し、レーザー照射パターンを決定します。
修正を加えたデータを、特殊なコンピューターチップを介し、エキシマレーザー機器が読みとり手術が行われます。

<ウェーブフロントレーシックが適している人>

・近視度数が−4D(ジオプタ)以上の方
・乱視度数が−2D(ジオプタ)以上の方
・角膜厚が薄い方(500μを下回るような方)
・暗所での瞳孔径が大きい方(暗所6mm以上の方)
・夜の車の運転が多い方
・職業等でより質の高い視力を要求される方
・手術前の収差が大きい方

<メリット>

ウェーブフロントレーシック手術により収差が抑えられ、見え方の質がよくなり、夜間視力の低下が起こりにくくなります。

<デメリット>

エキシマレーザーで削る角膜実質の量が多くなる場合があります。


ウェーブフロントレーシックの角膜切除量の軽減という効果は、これまで強度の近視・乱視、また角膜が薄いといった理由で、手術が受けられなかった方も適応できるようになりました。

また、比較的近視が弱い方でも、収差(夜間の光のにじみ)を軽減する目的で、ウェーブフロントレーシックを推奨する場合もあります。

データには個人差がありますので、あくまで参考までに止めていただき、実際の検査の結果で判断することをおすすめします。



第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日