最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

受診前のチェックポイント

手術担当医について

【執刀医と手術経験数】


アイレーシックやZレーシック、イントラレーシックなどの手術を受ける際に気になるのが担当執刀医です。自分の大切な眼に切開を入れるのですから当然のことと思います。


担当する執刀医の資格や手術経験年数、症例数、人柄や手先の器用さなどが頭をよぎるはずです。


執刀医を考える場合には以下の点を考慮に入れます。


<執刀医のチェックポイント>

・眼科専門医であること。
・使用機器の認定資格を持っていること。
・手術経験数が豊富であること。
・眼科医としての治療経験があること。
・インフォームドコンセントをしっかり行ってくれること。
・質問には丁寧に答えてくれること。


     認定資格


<大手有名眼科クリニックの場合>

・施設の手術症例数と個人の手術経験数は異なる場合が多い
・適応検査結果の説明担当と手術担当医が異なる場合が多い
・定期検査時も担当医が異なる場合が多い
・手術費用が安い


<個人眼科クリニック>

・施設の手術症例数=執刀医の手術経験数となる場合が多い
・適応検査からアフターフォローまで同じ担当医の場合が多い
・生涯を通じて同じ担当医であるので安心できる
・手術費用が高い


<フラップを作成する方法によって執刀医に注意する必要があります。>


<マイクロケラトームを使用する場合>


マイクロケラトームを使用してフラップを作成する従来のレーシックやカスタムレーシックの場合にはそのマイクロケラトームを使用する執刀医の経験によって大きな影響を受ける場合があります。


マイクロケラトームによって正確で綺麗なフラップを作成する場合には、かなりの熟練を要するので手術経験数の多い執刀医を探すことが大切になります。


マイクロケラトームを使用したレーシックを受ける場合には、導入している機器よりも執刀する眼科医の熟練度を第一に考慮した方が賢明です。


<FSレーザーを使用する場合>


FSレーザーはすべてコンピューター制御のもとで行われますので比較的経験の少ない若い執刀医でも安心です。


こちらは手先が器用よりもコンピューター操作に精通している必要があります。
しかし、万が一トラブルが発生した場合には経験数の多い執刀医が頼りになりそうです。


日本に導入している最新のFSレーザーやエキシマレーザーの性能は非常に優秀です。
できれば使用機器の取り扱い研修を受け、認定資格を持っている執刀医に行ってもらった方が安心です。


FSレーザーの使用に関しては執刀医よりもその施設で使用している関連機器の性能の方が気になります。


眼についての手術なので、当然、眼科専門医であることが必然です。
また、眼についての治療経験があった方が良いに決まっています。
手術経験数についても多いことに越したことはありません。


前述のように、特にマイクロケラトームを使用する場合には、その取り扱いには非常に熟練を必要とするので手術経験数が多い執刀医に行ってもらった方が安心です。


しかし、FSレーザーを使用する場合にはコンピューター制御のもとにレーザー照射が行われますので比較的経験数の少ない若い執刀医でも綺麗なフラップを作成することが出来ます。最近の機器は非常に優秀なので心配はいりません。


しかし、万が一トラブルが発生した場合には眼科診療を行った経験の豊富なベテラン眼科専門医である方が安心ですね。


そして、一般的には美容外科グループの大手有名眼科クリニック施設は手術症例数や実績は非常に多いのですが注意が必要です。なぜなら、多くの眼科医が存在しているからです。


ですからどの眼科医が自分の担当執刀医になるかわかりません。ベテランから比較的若い眼科医もいます。適応検査後のインフォームドコンセント、手術執刀医、定期検査など担当医が異なる場合もあります。


大手有名眼科クリニックで考える場合には、手術費用は非常に安価で受けられる利点があるのですが、執刀医が選べないという点が欠点と言えるでしょう。


施設によっては受ける手術の種類によって執刀医の経験数が異なったり、自分の手術を担当してほしい医師を指名すると料金が追加される施設もあります。


一方、小規模の個人眼科クリニックでは執刀医は少なくインフォームドコンセントから手術後のフォローまで同じ眼科医になる場合が多いようです。


つまり常に自分の眼の状態を把握してケアしてもらえます。ただし欠点としては手術費用が大手有名病院よりも高めの設定になっています。


<手術経験豊富で信頼できる眼科医のいる施設>


 ・矢作徹 院長先生 → 錦糸眼科

 ・北澤 世志博 院長先生 → 神戸神奈川アイクリニック


第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日