最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

受診前のチェックポイント

適応検査で確認しておきたい事

最新のアイレーシックやZレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック、従来のレーシック、どれをとってもメガネやコンタクトレンズを必要としないすばらしい近視矯正方法です。


しかし、残念ながら最新のアイレーシックやZレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシックは誰でも受けられるわけではありません。


それぞれのレーシック手術に適しているかどうかを調べる「適応検査」を受けて「合格」しないと手術をしてもらえません。


その適応検査の合格基準も、眼科クリニック施設によって異なっています。


同じ種類のレーシック手術でも、角膜の厚さに十分な余裕が無いと合格基準に達しない眼科クリニック施設や、角膜の厚さがギリギリの場合でも手術を行ってくれる眼科クリニック施設もあります。


いずれにしても、まず、最初に適応検査を受けるべきです。この適応検査に「合格」しない限り手術は受けられないのですから。いざ最新のアイレーシックやZレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック手術を受けようと決心して、眼科クリニックへ行ったとしても適応検査で「不合格」を言い渡されたらすごいショックを受けます。決心する前に必ず受けておきましょう。


それも、各眼科クリニックによって評価の基準が違いますので、1ヶ所だけの適応検査だけでなく、最低2ヶ所以上の眼科クリニック施設で適応検査を受けて比較した方が測定した数値の信頼性が高まります。


そして、適応検査を行った際に確認しておきたい事項は以下の通りです。


1) 近視の度数および乱視のDiopter(ジオプトリー)
   Diopter(ジオプトリー):目の屈折力(光を屈折させるカ)はレンズの度の単位
2) 暗所での瞳孔サイズ
3) 角膜の厚さ
4) 作成するフラップの厚さ
5) エキシマレーザー照射で削り取る角膜の厚さ
6) エキシマレーザーの照射パターン


(参考になる測定結果)

Optical Zone(OZ):エキシマレーザーを照射する角膜中心からの範囲
Transition Zone(TZ):OZの回りに設けられる局所的な屈折の変化を防止するための範囲


最後に、担当医に術後のアフターサービスや自分が不安に感じていること、気になる事は必ず聞くことが大切です。


上記の確認しておきたい事項は、各眼科クリニック施設の技術的な比較をするために最低必要なデータとなります。


角膜の削り取る量はエキシマレーザー機器の種類、照射パターン、Optical Zoneのサイズによって異なりますので、使用するエキシマレーザー機器の種類も確認しておいたほうが良いかも知れません。


<角膜の切除量について>

・近視の度数(ジオプトリー)毎に、約14μm削除されます。
・乱視があれば乱視度数毎に同程度の切除量が必要です。
・-10Dの乱視が無しであれば140μm、乱視が-2Dならさらに28μmが必要です。
・Allegretto blue-lineのスタンダード照射が切除量が少なくて済むようです。
・Tecnolas 217ZのPlanoScanという照射方式は、18μmと少し多めに切除がおこなわれます。
・Tecnolas 217ZのTissue-savingという照射方式は、通常よりも少なめの12μmが切除されるようです。
・OZが狭い場合には切除量が少なくなります。


<最終的に確認すべき重要事項はこれです。>

・自分が希望する術後の視力
・医師が見込んできる術後の視力
・手術後にどの程度の誤差があるのか?
・希望視力の設定にはリスクがどれくらい発生するのか?
・夜間などの見え方に影響あるかどうか?

上記事項は必ず確認し、自分で納得してから手術を受けるようにします。


第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日