最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

最新式 Zレーシックについて

最新型アマリスZレーシックまでの進化のあゆみ

1869年
角膜を切開して屈折率を変える角膜切開手術が行われる。
 ↓
1939年
白内障手術から発案された角膜の表裏両面に放射状の切開を行う
佐藤式RKが日本で初めての近視矯正手術として実施された。
しかし、時間経過とともに角膜が混濁することが明らかとなり、角膜
にメスを入れる屈折矯正手術に悪評がついた。
 ↓
1972年
旧ソ連で角膜前面のみの切開でのRK屈折矯正手術に成功する。
角膜の混濁問題が解消されたが手術の精度が悪く感染症などの
トラブルも多かったため普及しなかった。
 ↓
1975年
エキシマレーザーがアメリカIBM社によって開発される。
 ↓
1983年
アメリカで初めてエキシマレーザーが屈折矯正手術に使用され角膜
組織に一切熱変性を起こすことなく安全にミクロ単位で正確に切開
可能なことが確認される。
 ↓
1985年
ドイツで直接角膜にエキシマレーザーを照射するピーアールケー
(PRK)
がヒトの近視や乱視の臨床応用として屈折矯正手術に発展した。
 ↓
1988年
アメリカでもエキシマレーザーによる角膜表面へ直接照射するPRKが
取り入れられ、角膜を切開するRK方式よりも精度の高いPRK方式
主流となった。
 ↓
1990年
ギリシャで角膜表面にフラップを作成してエキシマレーザーを照射する
レーシック(Lasik)が行われる。
 ↓
1995年
エキシマレーザー照射による屈折矯正手術をFDA(アメリカ食品医薬
品局)が認可し、PRKが屈折矯正手術の主流となった。
 ↓
1998年
マイクロケラトームを使用してフラップを作成するケラトームレーシック
(Keratom-Lasik)
の方がPRKよりも視力回復が早く術後の痛みが少な
いことが評価され、急速に普及して屈折矯正手術の主流となる。
 ↓
2000年
日本でもエキシマレーザーの安全性が認められ厚生省(厚生労働省)で
認可された。
 ↓
2001年
マイクロケラトームの欠点をなくすため、精密な作業が可能なFSレーザー
を取り入れたIntralase-FSをコンピューターの制御のもとでフラップを作成
し、エキシマレーザーを照射する安全性を高めたイントラレーシック
(Intra-Lasik)
が行われる。角膜が薄すぎたり最強度近視でLasikが受け
られなかった人も受けることができるようになり急速に普及しました。
 ↓
2007年 
FSレーザーとウェーブフロント技術を利用したカスタムレーシックを組み合
わせたウェーブフロントイントラレーシックであるアイレーシック(iLASIK)
をNASA(航空宇宙局)が宇宙飛行士にも近視治療法として承認した。
 ↓
2008年 
Intralase-FS60の欠点(レーザー照射時の角膜組織ダメージ)を改良した同
じFSレーザーであるFEMTO LDVを用いたZレーシックが登場する。
 ↓
2009年
FEMTO LDVと「見え方の質」を自然な状態にする5次元アイトラッキングシ
ステム搭載のAmarisエキシマレーザー
の組み合わせによる最新型アマリ
スZレーシック
が注目を集めている。
 ↓
2009年
Intralase-FS60の改良型Intralase-iFSが開発提供された。また、眼球
の回転運動まで追尾可能な6次元アイトラッキングシステムを搭載
した
Technolas 217Pが開発され、照射ズレや術後のハローやグレアを最小
に抑えることが可能となった。
 ↓
2010年
Intralase-iFS +Technolas 217P を組み合わせた最高品質の視力を
提供するウェーブフロントイントラレーシック、もしくはFEMTO LDV
+Amaris
を組み合わせた最新型のアマリスZレーシックが主流となる?


★ 現時点では安定した最高技術を提供し、口コミでもスタッフおよび執刀
眼科医の評判の高い錦糸眼科をおすすめします。



第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日