最新Zレーシック、アイレーシック、トップ画像

最新Zレーシック、アイレーシックは安全で正確なイントラレーシックの発展型です!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック!

最新Zレーシック、アイレーシック、イントラレーシック、スーパーレーシック、プレミアムスーパーイントラレーシック、プレミアムスーパーZレーシック、カスタムレーシック … 「 レーシック」には様々な種類や名称があるので少々ややこしいですね。
「 レーシック 」を大きく分類すると、フラップ作成時にマイクロケラトームを使用する従来の「レーシック」、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」、また、この「イントラレーシック」に個人の眼に最適な見え方を提供するウェーブロント技術を取り入れた「アイレーシック」、さらには最新式の「Zレーシック」も登場しています。

レーシック関連記事

近年のレーシック事情

<近年のレーシック事情>


近年、世界はもちろんのこと日本でもレーザーで近視を治療するレーシックが注目を浴びています。


世界では1985年に米国食品医薬品局(FDA)や米国眼科学会(AAO)、米国白内障屈折手術学会(ASCRS)によって安全性は保証されており、日本でも2000年に旧厚生労働省が認可しています。


近視の人なら誰しも「レーシック」の言葉は一度は聞いたことがあることと思います。
通勤電車の広告や雑誌広告、最近ではよくテレビにもレーシックが紹介されています。


近視人口の多い日本では、メガネやコンタクトレンズを生涯不要とするレーシックには非常に関心が強く、しかも、レーシック技術の性能や正確性、そして安全性についても非常にこと細かく調べる人が多いようです。ここでも日本人の勤勉性や探究心の強さなどの国民性が現れているのかもしれません。


しかし、デリケートな眼の手術ですから、特に日本人だけでなく誰しもが手術を受けようと考えた場合には、当然不安を感じるはずですし、不安を取り除くために納得が行くまで調査するのが当たり前だと思います。


そのことを受け、最近ではレーシックに関する情報や技術解説のサイトが多くなり、インターネットでも簡単に調べることができるようになりました。


しかし、ネット上のレーシックに関する情報にはあやふやな点も含まれていますので十分な注意が必要です。


日本でレーシックが普及した大きな理由には、タイガーウッズをはじめ松坂大輔投手や柔道家井上康生さん、その他多くプロスポーツ選手やお笑い芸能人、タレントなど芸能界の著名人が口コミや評判を聞きつけてレーシックを受け、その情報が一般の人々にまで知れ渡り認知度が高まり、さらにはレーシック技術における安全性や多くの実績データ公開、医療技術の発展や需要、競争により低価格化が実現されたことが考えられます。


レーシック手術費用に関しては過去数年前までマイクロケラトームで行うレーシックでも40〜60万円と非常に高額で一部の人しか手術を受けることができませんでした。


しかし、現在ではマイクロケラトームで行うレーシックは10万円前後、また、個人の眼に最適なウエーブフロント技術を導入したコンピューター制御のFSレーザーを使用するイントラレーシックでも15万円を切っています。


このように、レーシック手術の費用設定は各眼科クリニックによって自由に設定することができるのですが、レーシックの医療技術を提供する眼科クリニックでは、現在2つの流れに分かれているようです。


ひとつは、レーシック手術費用の低価格化を図り患者を確保しようと考えてる施設。


   → 神奈川クリニック眼科

   → 品川近視クリニック


もうひとつは、手術費用は多少高くてもより良い質の高いサービスを提供しようと考えている施設です。


   → 最新Zレーシック レイ眼科クリニック(神戸三ノ宮)

   → 錦糸眼科

   → 銀座スポーツクリニック


どちらが良いのかは、自分のライフスタイルや経済的事情、ものの価値観の違いによって異なると思います。


また、技術の面に関して言えば、当初の手動によるマイクロケラトームによるフラップ作成から、コンピューター制御によるFSレーザーの導入、ウエーブフロント技術の導入によるエキシマレーザーのカスタム照射、さらにはFSレーザーの性能を向上させた低エネルギーFSレーザーの開発まで、非常に目覚しく発展しています。


当初は、視力回復のみでしたが近年では同じ視力でも「見え方の質」にこだわるレーシック手術に移行しています。


<最近の手術症例数>

現在、近視治療としてのレーシック(ケラトームレーシック)、イントラレーシックなどのレーシック関連手術は、1年間にヨーロッパ諸国では70万症例(1眼1症例として計算)、アメリカでは135万症例(NIDEK社の2004年の推計) 、韓国では30万症例(JFC推計)が施行されており、レーシック関連手術を受ける症例数は数字的には安定期に入っており、今後も同数程度の症例数が続くと推測されています。そして、日本では2009年はイントラレーシックを中心に約50万症例と予想されています。



第一位  錦糸眼科レーシック
  ● 眼科専門機関ゆえに妥協を許さない圧倒的な技術レベル!
錦糸眼科
錦糸眼科は眼科専門の医療機関のため、万が一のトラブルでも非常に安心です。しかも医療機関ゆえに合併症には強い「こだわり」があり、「ハロー」や「グレア」は非常に少なく良好な結果を残しています。手術料金が少々高いかもしれませんが、高品質で最も信頼性が高い施設です。安心・信頼性を最優先にする方には非常におススメです。
【症例数】7.2万症例以上【所在地】・札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【おすすめ術式】フェムトレーザーレーシック:18万円記念価格実施中!
1
第二位 神戸神奈川アイクリニック1
 ● 芸能人・プロスポーツ選手が最も信頼している御用達施設!
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックは各界の有名人には絶大な信頼と評価の高いクリニックで、プロもこだわる高品質な視力を手に入れたい人には絶対おススメな施設です。手術料金が少々高いのですが、患者満足度もオリコンNo.1で安心です。口コミでの評価が高く、その信頼性の高さが伺えます。プロスポーツ選手や芸能人からの評価が非常に高く、患者に最も適した視力を提供してくれます。
【症例数】40万症例以上【所在地】・札幌・東京2・名古屋・大阪2・神戸・福岡2
【おすすめ術式】アイレーシック(iLASIK):35万円
レーシック 視力回復1
第三位 SBC新宿近視クリニック1
 ● 日本で数少ない4万症例以上の経験豊富な眼科医執刀!
sbc-bb.gif
SBC新宿近視クリニックは比較的新しい施設ですが、日本でも10数名しか存在しないレーシック4万眼以上の手術症例経験を持つレーシック界のゴッドハンドクラスの眼科医があなたの眼を手術します!医師も認める信頼性の高いレーシック手術を行っています。低価格にもかかわらず生涯保証が設定されており安心と低料金を実現しています。
【症例数】4万症例以上の執刀医が対応【所在地】・東京・神奈川・大阪
【おすすめ術式】プラチナイントラレーシックS-line:15.8万円
湘南美容外科1
第四位 品川近視クリニック1
  ● 手術症例数、人気度がNo.1の低価格施設!
shinagawa-bb.gif
品川近視クリニックは、日本一のイントラレーシック手術症例数を誇ります。全国各地から訪れる人も多く超人気のクリニックです。常に最先端のレーシック手術を低価格で提供しているのですが、唯一の欠点が担当医師が同じでないことです。アフターフォローを気にせずに、最新レーシックを低価格で受けたい人には最適な施設です。
【症例数】70万症例以上【所在地】・北海道・東京・大阪・名古屋・福岡
【おすすめ術式】プレミアムイントラレーシック:9.2万円
視力回復1
Last UpDate 2013年7月18日